• アレクサンダー・テクニークとは
  • 日本アレクサンダー・テクニーク協会とは
  • ワークショップ
  • トレーニングコース
  • ライブラリ
  • 教師紹介
  • 教室紹介
  • お問い合せ

 


ATトレーニングコースについての予定案


ATトレーニングコースについての予定案

 2017年

参加資格 各研究会か個人レッスン、グループレッスンを1年以上受けていること。
というのもこのトレーニングがどういうことを目指しいているか十分理解された上で取り組んでもらう必要があるからです。
受講期間

1日4時間、週4日で16時間

1年目 (16時間×32週)+4時間=516時間

2年目 16時間×32週=512時間

3年目 16時間×32週=512時間

    512時間×3=1536時間

    (512時間×3)+60時間+4時間=1600時間

*集中ワーク(年2度)(受講料別途)

2.5時間(1日)×4枚=10時間

10時間×2=20時間(1年)20時間×3年=60時間

合計(512時間×3)+60時間+4時間=1600時間

 

・以上はロンドンに本部があるSTAT(Society of Teachers of the Alexander Technique)の教師になるためのトレーニングの必須授業時間である3年で1600時間を基準としています。

・上に挙げた授業時間割をベースとして進めていきますが、個人個人の仕事の都合上、規定時間内に出席できない場合はプライベートレッスン、およびワークショップで補講するようにし、臨時臨機応変に対応して授業時間が満たせるようにします。

 

 

 

教師 基本的には奈良スクールでは谷村英司、中白順子、東京スクールでは谷村、中白、北村洋子、木脇純子、鹿児島スクールでは谷村、中白、井上和代で行います。そして当研究会が決定したカリキュラムに従っていただき、特定の教師だけを受けたいといった生徒側からの選択はできません。欠席した教師からの補講を受けていただきます。
     
定員 1スクールに4人〜5人です。3年ごとに生徒を募集します。

 

  • 2009年March23日(Mon) 10:05 JST

▲このページの先頭へ