• アレクサンダー・テクニークとは
  • 日本アレクサンダー・テクニーク協会とは
  • ワークショップ
  • トレーニングコース
  • ライブラリ
  • 教師紹介
  • 教室紹介
  • お問い合せ

 


アレクサンダー・テクニ−ク・イスラエル研修ツアーご報告

アレクサンダー・テクニ−ク・イスラエル研修ツアーご報告 巡礼とワークの旅 日本アレクサンダー・テクニーク研究会代表:谷村英司

3月19日(金)

 午前10時過ぎ。総勢19名が関西国際空港のエールフランス・カウンターに各地から集合しました。かなりの大所帯のツアーになってしまい、この先どんな珍道中になるやらと思っていたら、さっそくスーツケースが開かないやら搭乗券が無いやらでちょっとした騒ぎがありました。団長としてはみんな無事に楽しい旅と研修になることを神様に祈るばかりです。

 言い忘れましたがこの文章はミニパソコンを持ち込んで乗り込んだ飛行機で書いています。そんなわけで今回の原稿は旅日記風に、その都度あった出来事や思ったことを写真と文章で書き綴ってみたいと思っています。

 それでは今は機内で中白順子さんが偶然私の席の隣になったのでインタビューしてみます。

T:順子さんは、今回の旅行の中で何を期待されていますか?今思いつくことで結構ですのでお答えください。

N:リカさんはもちろんのこと、シムエルさんにはなかなかお会いすることができないので本当に楽しみにしています。それが一番期待していることです。そして観光ではリカさんが住んでおられるハイファのバハーイ庭園やカルメル山が美しいと彼女から聞いているので楽しみにしています。

 といっているところに松島会長が機内サービスのカップ麺を食べながら私のところにやってきたので彼にも同じ質問をしてみました。

M:なかなかイケますよ、JALが開発したっていうこのヌードル…。そのバハーイ庭園って、すべての宗教はひとつだという教えで世界的に広がっている教団の本部なんだって。イスラエルって懐が深いですよね。

 とまあ、子供の頃から念願だったというエルサレムへの旅行でちょっとハイになっている松嶌会長のお答え。このあとパリまで12時間。パリで1時間余りのトランジット、さらにイスラエルまで5時間と計18時間の長い旅になります。

 ・・・そして長い旅も無事に終え、近代的なイスラエルのテルアビブ空港に到着。リカさんとご主人の手厚い出迎えを受けてホテルに入りました。今は真夜中の1時です。やっと仰向けに眠れることのありがたさを感じています。ゆっくり旅の疲れをとりたいと思います。

次ページへ

  • 2010年12月 7日(火) 12:33 JST

▲このページの先頭へ