• アレクサンダー・テクニークとは
  • 日本アレクサンダー・テクニーク協会とは
  • ワークショップ
  • トレーニングコース
  • ライブラリ
  • 教師紹介
  • 教室紹介
  • お問い合せ

 


2011 10月リカさんワークショップin奈良

 

リカさんワークショップのご報告

2011年10月 於・奈良スクール
 
 

10月20日~30日にかけて恒例になったリカさんのワークショップが開催されました。あえてそうしてきたわけではありませんが、このワークショップの意味合いもだんだんと変化してきたようです。このワークに熱心な人たちがもっと上級の理解を求めてレッス ンを多くとるようになったために、内容がさらに濃くなってきたのです。よく考えてみると日本でアレクサンダー・テクニークを普及させるための自然な流れかもしれません。まず一般に広げるためにワークショップや研究会があり、そのことでさらに深く学びたい、あるいは指導者になりたいという人のためにトレーニングコースがあり、実際はそれで十分なわけではなくて、さらに教師の技術や理解を深める機会がぜひ必要であることが明白になってきました。だから世界的に見て恥ずかしくないレベルを維持するためには、リカさんのような世界的重鎮を招き、教師の質をチェックしてもらう必要があるのです。

 

そしてこのワークも日進月歩で昔のまま習ったことをただ繰り返してゆくだけでは、新鮮味がなくなり面白さが衰退してゆくしかありません。そう考えてみるとリカさんのワークはわれわれにとってますます大切な要因となってきているように思います。
最後に今回のワークショップに参加された、現在トレーニングコースに参加中の藤田俊紀さんから感想をいただきましたのでご紹介させていただきます。
 
「リカさんにとても感謝しています、くれぐれもよろしくお伝えくださいm(__)mm(__)mo(^-^)o 以下が感想です。
私の目から鱗が、いや目玉が飛び出した(@_@)」リカ先生のワークに19日(水)から27日(木)までの9日間参加することができました。それも朝の7時から夕方まで、ビッチリとリカ先生に密着して学ぶことができました。今回のワークで始めてアレクサンダー・テクニークの本質がほんの少し理解できたような気がしています。今までの3年間の学びはまだ頭だけでの理解だったようです。谷村先生、理解が遅くて済みませんf^_^; やっとプライマリー・コントロールの何たるものかの片鱗が分かって来ました。今まではただ概念としての頭だけの理解だったのが、身体で感じることができるようになった気がしています。それもリカ先生の懇切丁寧な指導によるものでした。
今回特に感じたことは、「私の持っているものは余すことなくすべて教える」という先生の熱意でした。その先生の気持ちが痛い程わかり、テクニークに対する私の向き合い方も知らない間に変えられて行ったように思います。自分でも途中から目の色が変わったのを自覚しました。それ程の熱意でもって教えてくれたのです。
もう一つの気付きは、私がリカ先生の著書「曲線の中にあるアップ」を如何にいい加減に読んでいたかです。今まで本を買ってから一度ざっと読みましたが、殆どが理解できず頭の中を通り過ぎるだけでした。今回持って行ってリカさんの言葉を通訳を通してですが聞きながら読んでいたら、今まで理解できなかった所がスラスラと頭に入って来ました。分かったことは「曲線の中にあるアップ」は徹頭徹尾プライマリー・コントロールについて書いてあるんだと云うことでした。「前に上に アップ」という言葉がただの呪文ではなく、「ビジュアル的に視覚を通して」身体に焼き付いたように思います。
リカさんありがとうございました\^o^/
来年の5月のワークはすべて参加したいと思います。ぜったい参加するゾー(^O^)/ 」    藤田俊紀
 
リカさんよりお便りが届きました!!
I would like to thank you very much for the Nara workshops in October. I had a very pleasant time with the teachers and students, and I could see again first hand the great progress that they have all made in learning the AT.

親愛なるエイジさん

10月の奈良でのワークショップのこと、お礼をいいます。
あの教師と生徒たちとともにとても楽しく過ごすことができ、またATの学びの上で大きな前進をされていることがわかりました
 
Your hospitality and organization were as always excellent.
 
Thanks a lot to you and to Junko-san for taking the trouble of coming with me all the way to the airport hotel in Osaka. I felt very secure and protected, and everything went fine indeed.
 
I am looking forward to my next visit in May.
 
あなたの親切さと調整はいつもながら素晴らしかったです。

あなたと順子さんにはわざわざ大阪のエアポートホテルまで来てもらってありがとう。とても安心で守られているように感じましたし、実際にすべて順調でした。

次の5月の訪問で会えるのを楽しみにしています。
 
My best wishes to you, to Toru-san, and to all the Teachers and Students. Best Regards to all from Shlomo.
 
Yours,
Rika
 
あなたとトオルさん、そしてすべての教師と生徒の皆さんの幸運を祈ります。
ショロモからもよろしくとのことです。

草々
リカ
 

 

  • 2011年November 8日(Tue) 12:09 JST

▲このページの先頭へ