• アレクサンダー・テクニークとは
  • 日本アレクサンダー・テクニーク協会とは
  • ワークショップ
  • トレーニングコース
  • ライブラリ
  • 教師紹介
  • 教室紹介
  • お問い合せ

 


教師紹介

日本アレクサンダー・テクニーク研究会教育 スタッフと公認教師の紹介

リカ・コーエンRivka Cohen

STAT(Society of Teachers of The Alexander Technique)初代メンバー。
ISTAT(Israel Society of Teachers of The Alexander Technique)設立会員。
2006年より日本アレクサンダー・テクニーク研究会顧問に就任。イスラエルで2年間モーシェ・フェルデンクライスから学んだのち、1957年にロンドンでアレクサンダー・テクニークをチャールズ・ニールから学び始める。チャールズ・ニールの死後、1961年にAT教師の資格を取得し、ATの研鑽をアシュレイ・プレイスでパトリック・マクドナルドと共に続けた。
さらにロンドンにおいてアレクサンダーの直弟子だった人たちである、ピーター・スコット、ウォルター・キャリントン、バーロウ夫妻、ビル・ウィリアムズ、マーガレット・ゴルディ、エリック・デピエール、そしてアイリーン・タスカーらと共にSTATのメンバーとしてATの研修を続ける。1962年からエルサレムとテルアビブでATの指導を始めると同時に、ボストンのフランク・ピアース・ジョーンズと共に学びながら1965年〜1968年までカナダとアメリカでATを教えた。
1969年以降、彼女はイスラエルで指導を続け、すでに数十人の教師を送り出している“ハイファ・スクール・オブ・アレクサンダー・テクニーク”を1980年に開設した。また、すべての国際ATコングレスに積極的に参画し、1996年にはシモエル&オーラ・ネルケン夫妻と共に、エルサレムでの第5回国際ATコングレスを監修した。現在はセミナーやマスター・クラス、AT教師へのワークショップなどを、イスラエル、アメリカ、そして日本、カナダ、ドイツ、デンマークで行っている。
著書に「The Up with in the Curve」がある。
イスラエル・ハイファ在住。

研究会の書籍紹介

The Up within the Curve
By Rivka Cohen

からだを解き放つアレクサンダー・テクニーク
谷村英司・著
地湧社・刊

*日本アレクサンダー・テクニーク研究会でもお求めいただけます。

谷村 英司Tanimura Eiji

1953年生まれ。
ATI(AlexanderTechniqueInternational)所属教師およびスポンサーシップメンバー。
1985年から国際ヨガ協会の顧問として“日本ボディワーク研究会”を設立し、ヨガにとらわれないでより良い身体の動きと意識の相関関係についての様々なワークを探求する。1990年にSTAT公認教師でATIスポンサーシップメンバーでもあるエゼキエル・アインシャイ氏に出会い、彼から1997年にAT教師の認可を受ける。1994年のシドニー(オーストラリア)、1999年のフライブルグ(ドイツ)、2003年のオックスフォード(イギリス)、2008年のルガノ(スイス)での世界中の教師が集うAT国際コングレスに参加し、教師達との交流を通して世界のレベルを学ぶ。
 >> AT国際コングレスでの世界の重鎮達とのセッションワーク風景
AT教師の認可を得たのを機会に1999年に“日本アレクサンダー・テクニーク研究会”を設立し、さらに2006年よりリカ・コーエン女史を顧問に優れた教師陣とAT教師育成のためのトレーニングコースのスクールを東京、奈良、大分(2009年には福岡に移転)に設立。
国際ヨガ協会が発行するニュースレター“インナームーヴ”を20年以上編集。
著書に「からだを解き放つアレクサンダー・テクニーク」(地湧社)がある。
奈良県生駒市在住。

中白 順子Nakashiro Junko

1961年生まれ。
ATI(AlexanderTechniqueInternational)所属教師。
1980年よりダンスを学んでいたが、腰のトラブルが原因でダンスが続けられなくなり、1987年より谷村英司のボディワークを学び始める。そして1989年アレクサンダーテクニークに出会い、学ぶことによって腰痛を克服し、ダンスを再開するもアレクサンダー原理を知りたくなり、1991年AT教師エゼキエル・アインシャイン氏よりトレーニングコースを受け1997年にAT教師の認可を受ける。
1994年シドニー、1999年フライブルグ、2004年オックスフォード、2008年ルガノで開催されたAT国際コングレスに参加。2005年よりリカ・コーエン女史に師事。現在は関西の奈良と学園前、大阪の中津でプライベートレッスンを行いながら、谷村英司主宰の日本AT研究会のトレーニングコース育成スタッフとして東京・奈良・大分(2009年には福岡に移転)で教えている。奈良市在住。

太田 さとOhta Sato

ATI(AlexanderTechniqueInternational)所属教師。
精神的な強さを求めて、谷村英司主宰の日本ボディワーク研究会で学ぶ。その流れで1991年よりAT教師エゼキエル・アインシャイン氏に学びはじめ、1999年トレーニングコースを修了。
2004年オックスフォードで開かれたコングレスに参加。2005年よりリカ・コーエン女史に師事。2006年より谷村英司主宰の日本AT研究会のトレーニングコース育成スタッフとして東京・奈良・大分(2009年には福岡に移転)で教えている。奈良県天理市在住。

杉本 伸也Sugimoto Shinya

1962年生まれ。
高校数学教師。古武道を学ぶ中で1995年頃にアレクサンダー・テクニークに出会う。2004年から日本AT研究会に参加し、アレクサンダー・テクニーク教師のエゼキエル・アインシャイン氏に学び、トレーニングコースを修了。2006年よりリカ・コーエン女史に師事し今に至る。1999年のフライブルグ、2003年のオックスフォード、2008年のルガノでのAT国際コングレスに参加。大阪市在住。

前田 紘美Maeta Hiromi

当時心身に問題を感じており、それをきっかけに1990年頃谷村英司主宰の日本ボディワーク研究会で学ぶ。彼のワークに対する考えや体験した身体感覚が新鮮で興味を持ち、その流れで彼からアレクサンダー・テクニークを学び始める。そしてエゼキエル・アインシャイン氏が主宰するスクールに参加し、2006年にトレーニングコースを修了する。1999年のフライブルグでのAT国際コングレスに参加。奈良県天理市在住。

北村 洋子Kitamura Yoko

1980年からヨガを学び始め、1984年より国際ヨガ協会の教師として指導を始める。
1990年より日本ボディワーク研究会に参加し、エゼキエル・アインシャイン氏よりアレクサンダー・テクニークのワークを受け、初めて体験した開放感に興味を持ち、1999年までレッスンを受ける。2004年のオックスフォード、2008年のルガノで開催されたAT国際コングレスに参加する。2006年より日本AT研究会のトレーニングコースの東京スクールに参加し2009年2月修了。 2005年よりヨーガ療法士コースを学び、2008年インド政府公認ヨーガ療法士の資格を取得。2007年より国際ヨガ協会の師範代に就任。現在、東京の練馬 板橋 北区 読売文化センター等にてヨガを指導中。練馬区在住。

木脇 純子Kinowaki Junko

1974年からヨガを学び始め、1988年に国際ヨガ協会に入会。1994年同協会の東戸塚学園長を経て、現在は横浜南支部長に就任。
1994年より日本ボディワーク研究会に参加し、その流れでアレクサンダー・テクニークに出会う。エゼキエル・アインシャイン氏、谷村英司に学び、2006年より当研究会のトレーニングコースの東京スクールに参加し、リカ・コーエン女史にも学びながら2009年2月に修了。2008年にはルガノでのATコングレスに参加。神奈川県横浜市在住。

大谷 元子Ogai Motoko

1983年宇都宮にて国際ヨガ協会に入会し、ヨガを学ぶ。1990年よりヨガ教師として水戸、そしていわき市にてヨガを教え、1996年に同協会のいわき中央学園長に就任。その一方で1991年より日本ボディワーク研究会に参加し、アレクサンダー・テクニークを知る。そしてATをエゼキエル・アインシャイン氏、谷村英司に学び、2006年より当研究会のトレーニングコースの東京スクールに参加し、リカ・コーエン女史にも学びながら2009年2月に修了。福島県いわき市在住。

砂田 芳江Sunada Yoshie

1967年生まれ。
1988(〜1997)年からクラシックバレエを始め、体のことに興味を持つようになる。1997年、アレクサンダー・テクニークと出会う。2000年より谷村英司の個人レッスンを受け始め、2006年に日本アレクサンダー・テクニーク研究会のトレーニングコース(東京スクール)に参加。2009年2月に修了。千葉市在住。

橋詰 直子Hashizume Naoko

1959年生まれ。
1980年美容と健康維持のためにヨガを始め、1998年に国際ヨガ協会のトレーナー資格を取得し、2008年にはインド政府公認ヨーガ療法士資格も取得。1994年にボディワーク研究会に入会し、谷村英司に学び、エゼキエル・アインシャイン氏からも学んだ。
2004年にオックスフォードでのAT国際コングレスに参加する。2006年には日本アレクサンダー・テクニーク研究会トレーニングコース東京スクールに参加し、2009年2月に修了。群馬県高崎市在住。

山本 久美Yamamoto Kumi

1967年生まれ。
特別支援学校教員。1999年心身のトラブルからアレクサンダー・テクニークの個人レッスンを受け始める。その後日本AT研究会に参加し、谷村英司、中白順子の個人レッスンを受け始める。2004年のオックスフォード、2008年のルガノで開催されたAT国際コングレスに参加。2006年に日本アレクサンダー・テクニーク研究会トレーニングコースの奈良スクールに参加し、2009年2月に修了。奈良県大和郡山市在住。

鹿島 啓子Kashima Keiko

1949年生まれ。
1987年からヨガを学び始める。1989年に谷村英司のワークを受け、自分自身が探して求めていたものがあると直感し、ヨガを教えながら日本ボディワーク研究会に参加。同研究会が日本アレクサンダー・テクニーク研究会と改名された後1991年にアレクサンダー・テクニークを学び始めエゼキエル・アインシャイン氏からも学ぶ。1999年フライブルグ、2004年オックスフォード、2008年ルガノで開催されたAT国際コングレスに参加。2005年より、リカ、コーエン女史に師事。2006年より同研究会ATトレーニングコース奈良スクールに参加し、2009年2月に修了。 1998年NPO法人国際ヨガ協会鳥取白兎支部支部長に就任し、2007年には師範代に就任。現在鳥取市内のふれあい会館、高齢者福祉センター、タグチレディースクリニックではマタニティーヨガ、各公民館、倉吉市の未来中心でヨガを教えながら、自宅(賀露町)のスタジオでATの個人レッスンをしている。鳥取市在住。

清水 邦子Shimizu Kuniko

1953年生まれ。
1989年頃から国際ヨガ協会にてヨガを学び始め、2005年には同協会認定の学園長に就任し、2007年には師範代に就任。1996年頃から日本ボディワーク研究会に参加し、日本アレクサンダー・テクニーク研究会と改名後、エゼキエル・アインシャイン氏、谷村英司からアレクサンダー・テクニークを学び、興味を持つ。2006年より同研究会ATトレーニングコース奈良スクールに参加し、2009年5月に修了。1999年フライブルグ、2004年オックスフォード、2008年ルガノで開催されたAT国際コングレスに参加。兵庫県三田市在住。

安部 博美Abe Hiromi

1972年頃から国際ヨガ協会にてヨガを学び始め、現在ヨガの講師として大分市を中心に活動している。1998年に日本アレクサンダー・テクニーク研究会のワークショップを大分で企画し、谷村英司、中白順子、エゼキエル・アインシャイン氏、リカ・コーエン女史、からアレクサンダー・テクニークを学び、さらに深く興味を持ち、2006年より同研究会ATトレーニングコース大分スクールに参加し、2009年2月に修了。大分市在住。

佐藤 陵子Satou Ryouko

1959年生まれ。
薬剤師。調剤薬局代表。
心理学博士であり農学博士である杉尾常聖に師事し、人間力と新たな価値観を身につける。 2001年にヨガを通じてアレクサンダー・テクニークに出会う。日本アレクサンダー・テクニーク研究会にて研鑽を重ね、谷村英司、中白順子、エゼキエル・アインシャイン氏、リカ・コーエン女史からレッスンを受ける。2006年より同研究会ATレーニングコース大分スクールに参加し、2009年2月に修了。大分県臼杵市在住。

西田 卓弘Nishida Takahiro

精神科医。心と身体の癒しを探求し、NLP、コーチング、色彩心理、バッチフラワーレメディなどを学ぶ。その後リフレクソロジーやTFTの資格も取得。1999年よりヨガを学び始め、それが縁でアレクサンダー・テクニークに出会う。2006年より日本アレクサンダー・テクニーク研究会トレーニングコース大分スクールに参加し、2009年2月に修了するも現在なお修行中。大分市在住。

森澤 慶子Morisawa Keiko

1947年生まれ。
幼い頃から花柳流日本舞踊を始め、花柳笹之輔を襲名。1999年には日本の芸能文化の原点を求めて狂言をはじめ萬狂言大分素人連会長に就任。1991年にヨガを始め、それが縁でアレクサンダー・テクニークに出会い、そこに日本芸能文化の身体観と共通したものを感じ興味を持つ。2006年には日本アレクサンダー・テクニーク研究会のトレーニングコース大分スクールに参加し、2009年2月に修了。2008年にはルガノで開催されたAT国際コングレスに参加。大分市在住。

|

▲このページの先頭へ